(16)【リフレ体験談】れな(ぷらちなばんびーの)

「やあみんな、変態おじさんだよ。好きなものはおっぱいとパンチラさ。若くて可愛い女の子だけ仲良くしてね♪」

「変態おじさんツイートにいいねした女の子は、変態おじさんが会いに行ってもいいということですね?」

今でこそ知的で教養あふれる素敵なオジサマとの評判をほしいままにしているトミーさんですが、
こんなことをツイートしている時期がありました。若気の至りというやつですね。先月の話ですが。

「どんとこい」

冒頭のツイートに対して届いたリプです。

おっぱいとパンツが好きと宣言した気持ちの悪いおじさんに対して、

どんとこい

こんなことを言うのは一体どこの豪傑か。それがバンビーノのれなちゃんでした。

DMで裏オプ交渉してきたアカウントを晒したり、にちゃんねるは良い宣伝材料と言い放ったり、
武闘派な印象が強い彼女。一方、お店のブログでは「看板娘、濃厚接客」と評価されていて、
実際に人気も高い様子。一体どんな子なのか、気になったので会いに行ってきました。

部屋に入ってきたれなちゃんを見て、少し拍子抜けします。
勝手に、大柄できつい顔立ちの女の子を想像していたんですよね。
実際に入ってきたのは、小柄で優しい顔立ちをした可愛い女の子。

ちょこんと座って挨拶をしたあと、いたずらっぽい目になって、一気に距離を詰めてきます。
そして始まる濃厚接客。

そうか、濃厚とはこういうことだったんだ…。

優しく包み込んでくれたかと思うと、急に刺激的になる。
挑発的で挑戦的なくせに甘えるのも上手。
情熱的で官能的で、でも汚れていない。
癒しと興奮。

そうか、濃厚とはこういうことだったんだ…。(二度目)

具体的には書きません。各自で体験してください。
肝心のサービス内容を書かない斬新なリフレブログ

ただ、誤解を招かないように付言しておくと、裏オプするタイプではないと思います。
ワタシは交渉自体しないので知りませんが、そんなことしなくてもお客さんを満足させられるでしょうから。

実は、仕事でうまくいかないことがあって、残業しているのが嫌になったので早めに退社して会いに行ったんですが、
帰り道では、「明日からまた頑張るか」って気持ちになっていました。

たとえ結果として倒れることに変わりはないとしても、逃げるのではなく戦った上で倒れよう。
そんな前向きな気持ちを与えてくれる子だと思います。

「死にたいと死んでもいいは大違いだぞ。最低の男と最高の男の違いだ。」
(浅田次郎 『プリズンホテル 冬』より)

また会いに行こう。最高の男になるために。

<2017年1月追記>
れなちゃんは2016年12月末日をもってリフレを引退してしまいました。
こういう素晴らしい女の子がいたことを残るために、この記事はそのまま残しておきますが、残念ながらもう会えません。

[PR]
by tommy_ramen | 2016-10-29 12:08 | リフレ