すっかり更新が滞ってしまっているこのブログ。新年ということで、心を入れ替えて更新していきたいと思います。
正月にこうやって気合い入れたことって続かないものですよね

さて、今回はラブアワーズのひなたちゃん。
スタジオSCと掛け持ちをしていて、見学嬢としてのひなたちゃんは先日紹介させていただきました。

リフレもやっていることは知っていたのですが、レア出勤な上にすぐに常連さんたちで埋まってしまうので、そもそも予約を取るのが難しい。
お店のツイッターを見ていても、「ひなたちゃん出勤しました。本日は受付終了しています」というアナウンスしか見られないと思います。
その情報いるかなあ
ブログに書いたことを機に少しやりとりをさせてもらい、予約を取ることができたので、十月某日(だいぶ前だ…)、
ラブアワーズへと乗り込みました。

優しそうな店長さんから財布を褒めてもらっていい気分になって、個室で待つこと数分、
マジックミラー越しには何度か見ていたひなたちゃんとご対面。

この瞬間は本当に緊張しました。何せ、カマトトだのセクハラしに行きたいだの、酷いことを書いていましたから。
どのツラ下げて会いに行ったのかって?鼻の下伸ばしてだよ
聞けば、あちらも緊張していたそうです。それはそうか。こっちの顔も知らないんですからね。
幸い、想像されていたほどには変な人間でなかったようで、すぐに打ち解けてくれました。

見学嬢として素晴らしいことは以前ブログに書きましたが、リフレでもとても楽しい時間を過ごすことができます。
おっとりした見た目に反して、話すと意外とチャキチャキしていて、そのギャップがいい。
事前に本人からも、「見学で見るのとはギャップがあるかも」と言われていたのですが、楽しい方に転がるギャップなら大歓迎でしょう。
こちらのくだらない話にも笑ってくれるし、心地よいキャッチボールを楽しむことができました。

60分で入って前半はおしゃべり、後半はオプション入れて…っていうのがワタシのいつもの流れなんですが(そういう人が多いでしょうか)、後半もまたとても楽しいです。距離の詰め方も甘い雰囲気の醸し出し方もとても自然な感じで、自分も自然に楽しめる。

飛び道具のようなサービスを持っているタイプではないと思いますが、ルックス含め、一つひとつが丁寧で上質。
これぞリフレという感じの楽しい時間を過ごすことができると思います。
一言で言うと、極上の普通です。簡単なようで一番難しいんじゃないかな。

なお、念のため言っておきますが、実際にセクハラはしていませんからね。残念ながら隙がなかったご安心ください。

あと、リフレで会ったあとに見学で見ると興奮が増すのでオススメです笑
自分が来ていることをうまく伝えると、恥ずかしそうにしてくれるのでより一層…。
この部分は本人に怒られ次第消すので、読めた人はラッキーかもしれません笑
消えなかったらご本人もそういうのが嫌いじゃないということです

今は少し充電期間に入っているようですが、また会える日を楽しみにしています。

<2017年5月追記>
ひなたちゃんはその後ラブアワーズを辞めてしまいました。業界から完全に引退したようです。

[PR]
# by tommy_ramen | 2017-01-03 14:18 | リフレ



新宿二丁目。ガチ。

この二つの単語から皆様が連想するものはなんでしょうか?

ワタシが思い浮かべるものは、つけめんです。

二丁目つけめん ガチ

そんな狙い澄ましたような店名のこのお店。
場所は例によってラウドマイノリティの集まりでも見てください。
新宿駅の地下道を一番端まで行って、地上に出て少し歩いたところにあります。
夜一人で行って迷子になると怖いかもしれません。
男の方が怖い思いをする可能性が高い珍しい街ですね
開けてはならない記憶のトビラが開きそうになったのでこれ以上この街に言及するのはやめておきます

こんなことを書いているとイロモノのようですが、味に間違いはありません。
「鶏とガチに向き合う」からガチと名付けたと店主が語っているように、鶏ベースの濃厚だけどしつこくないスープがベースになっていて、
ハイクオリティ。
塩味とテリヤキ味が選べて、ワタシはテリヤキがおすすめです。

トッピングは全部のせを選びましょう。損はないので。珍しく記事に添付する写真をご覧ください。
f0375807_01020228.jpg
二種類のフライドチキンにフライドメンマ、味玉が乗っていて、ボリューム満点。しかもどれもが美味しいです。

麺もモチモチした太麺で食べ応えがあり、大盛りでも値段が変わらないところもポイントが高い。
途中でレモンを絞ってかけると、一気に風味が爽やかになります。

新宿駅からだと結構遠いという点はネックだけど、
あと、店員がみんなヒゲ生やしてるのは悪ノリが過ぎると思うけど
アメリカンダイナー調のお洒落な店内で濃厚でボリューミーなつけめんが食べられる良店です。
場所で敬遠することなく、是非足を運んでみてください。
ワタシも記憶のトビラを閉じることができたらまた行きます

[PR]
# by tommy_ramen | 2016-12-05 01:18 | ラーメン