久しぶりにリフレブログも。
錦糸町のケイトークと池袋のどりーむたいむに所属しているきぃちゃんです。
ケイトークは見学も兼ねていますが、パフォーマンスはなくて、マジックミラーの向こうで座ってるだけですからね。
あくまでもトークメインの店だと思っているので、リフレでくくってしまうことにしました。

最初はどりーむたいむで会って、そのあとケイトークにも会いに行きました。
お店のスタイルはだいぶ異なりますが、個室で一緒に過ごすときの本人の接客内容が変わるわけではないので、
池袋でも錦糸町でも、自分が行きやすいところに行けばいいと思います。
1日の中で池袋から錦糸町に移動したりして、律儀に半々で出勤しようとしているようですし。

さて、きぃちゃんですが、細身でしなやかな感じです。単に細いだけでなく、身のこなしが柔らかい。
顔も含めて、なんか猫っぽい。単なる猫ではなく山猫かな。尽くしてあげたくなるというより、保護してあげたくなる感じがします。
それでいて話すと人懐っこくて気さく。明るく華やかなコミュニケーションができる子だなと思います。
塚田農場でバイトしてそう
初めて会ったときにそう思いました。そしたら居酒屋でもバイトしているそうで、やっぱりって感じ。
残念ながら(?)塚田農場でないようですが。話を聞いてる限り、居酒屋でもお客さんに愛されているようで、
さすがだなって思います。店員が酔っ払うまで飲む居酒屋なんて初めて聞いたけど

なお、名前は「きい」ではなく「きぃ」のようです。間違えないように気をつけてください。
変換がめんどくさいとか言ってはいけませんよ。
Lの後にあ行を打つと小さいあ行が出てくるって知らなかったら、この記事を完成させる前に心が折れていたかもしれませんが。

そんな魅力的なきぃちゃんなんですが、少し不器用なところがあるようで、後になって自分の発言を気に病んだり、
なにやら悩んだりもしているようです。相手を楽しませなきゃって思いすぎてしまっている印象を受けますね。
あと、オプションを取るのが下手とのことで、どりーむたいむでは、きぃちゃんに入るときにはパックコースで入る必要があります。
店長さんがそんな配慮をしてあげたくなるぐらいの良い子ということでもありますね。
ケイトークの場合、そもそもオプションをつけないと何もしようがないので、相場通りに払うのがいいと思います。
30分5000円でハグし放題ぐらいが、この業界のスタンダードでしょうか。

ちょっと不器用なところも含めて魅力的だなと思える、余裕のある大人の男にピッタリな女の子だと思います。

どうか僕を幸福にしようとしないでください。それは僕に任せてください。
(アンドレ・レニエ・『半ばの真実』より)

素のままでいてくれたらいい。あなたはそれが一番魅力的だから。


[PR]
by tommy_ramen | 2017-04-16 22:47 | リフレ

すっかり更新が滞ってしまっているこのブログ。新年ということで、心を入れ替えて更新していきたいと思います。
正月にこうやって気合い入れたことって続かないものですよね

さて、今回はラブアワーズのひなたちゃん。
スタジオSCと掛け持ちをしていて、見学嬢としてのひなたちゃんは先日紹介させていただきました。

リフレもやっていることは知っていたのですが、レア出勤な上にすぐに常連さんたちで埋まってしまうので、そもそも予約を取るのが難しい。
お店のツイッターを見ていても、「ひなたちゃん出勤しました。本日は受付終了しています」というアナウンスしか見られないと思います。
その情報いるかなあ
ブログに書いたことを機に少しやりとりをさせてもらい、予約を取ることができたので、十月某日(だいぶ前だ…)、
ラブアワーズへと乗り込みました。

優しそうな店長さんから財布を褒めてもらっていい気分になって、個室で待つこと数分、
マジックミラー越しには何度か見ていたひなたちゃんとご対面。

この瞬間は本当に緊張しました。何せ、カマトトだのセクハラしに行きたいだの、酷いことを書いていましたから。
どのツラ下げて会いに行ったのかって?鼻の下伸ばしてだよ
聞けば、あちらも緊張していたそうです。それはそうか。こっちの顔も知らないんですからね。
幸い、想像されていたほどには変な人間でなかったようで、すぐに打ち解けてくれました。

見学嬢として素晴らしいことは以前ブログに書きましたが、リフレでもとても楽しい時間を過ごすことができます。
おっとりした見た目に反して、話すと意外とチャキチャキしていて、そのギャップがいい。
事前に本人からも、「見学で見るのとはギャップがあるかも」と言われていたのですが、楽しい方に転がるギャップなら大歓迎でしょう。
こちらのくだらない話にも笑ってくれるし、心地よいキャッチボールを楽しむことができました。

60分で入って前半はおしゃべり、後半はオプション入れて…っていうのがワタシのいつもの流れなんですが(そういう人が多いでしょうか)、後半もまたとても楽しいです。距離の詰め方も甘い雰囲気の醸し出し方もとても自然な感じで、自分も自然に楽しめる。

飛び道具のようなサービスを持っているタイプではないと思いますが、ルックス含め、一つひとつが丁寧で上質。
これぞリフレという感じの楽しい時間を過ごすことができると思います。
一言で言うと、極上の普通です。簡単なようで一番難しいんじゃないかな。

なお、念のため言っておきますが、実際にセクハラはしていませんからね。残念ながら隙がなかったご安心ください。

あと、リフレで会ったあとに見学で見ると興奮が増すのでオススメです笑
自分が来ていることをうまく伝えると、恥ずかしそうにしてくれるのでより一層…。
この部分は本人に怒られ次第消すので、読めた人はラッキーかもしれません笑
消えなかったらご本人もそういうのが嫌いじゃないということです

今は少し充電期間に入っているようですが、また会える日を楽しみにしています。

<2017年5月追記>
ひなたちゃんはその後ラブアワーズを辞めてしまいました。業界から完全に引退したようです。

[PR]
by tommy_ramen | 2017-01-03 14:18 | リフレ

22時でよかったよな…
誰もいない店先でワタシは立ち尽くしていた。
予約の時間に店に行ったのに、誰もいない。声をかけても誰も出てこない。
しかし明かりのついた店内から、営業中であることは感じられる。
そして確かにこの日のこの時間に予約をしていたはずだった。

わあ!もう来てる!!

不意に背後で人の気配がしたかと思うと、高架下の老朽化したビルには不釣り合いな明るい声が響いた。

下で待ってたけど気づかなかった!店長呼んでくるから待っててください!!

こちらに何も言わせず、少女は階段を降りていった。
そういえば顔知らなかったな。あれがまなちゃんなのかな。
ぼんやりとそんなことを考えながらさらに待つこと数分、少女は一人で戻ってきた。

店長来ないって!ワタシが会計もしますね!!

やっぱりこれがまなちゃんだったか。可愛くて明るくてハキハキしてていい子だな、これは。
楽しい時間になることを確信しながらコースを選んで会計しつつ、ワタシは思った。

店長どこでなにしてんの!?

あと、この子声でけえ!!

これがワタシとまなちゃんとの出会いでした。

こんなことを書くとイロモノみたいですが、美人でスタイルも良くて(本人は自分のルックスに妙にネガティブですが)、
反応がまっすぐで、でも相手を不快にするようなことは言わない気遣いはちゃんとできる子です。
自由には責任が伴うことをちゃんと理解した上で、正しく自由に振る舞える。賢いなと思いました。

と言っても学級委員的なお堅い感じではなく、くだらない話にもちゃんと付き合ってくれます。
反応が素直なので、なんかくだらないことを言ってみたくなるんですよね。
なんて言ったらいいんだろう。あまりに眩しいから、どす黒い欲望注いで汚してみたくなる感じ?
もう会いに行けない覚悟はできている

でも大丈夫。おじさんの下心なんて大きな声で浄化してくれます。
素直で明るくて健全で、楽しませ、癒し、元気にしてくれます。

「若者は自由でなければならないが、もう一つ、若者は潔癖でなければならない。自由と潔癖こそ青春の特権ではないか」
(宮本輝 『青が散る』より)

戻らないはずの青春が戻ってきたと錯覚したくて、また会いに行ってしまうのでしょう。
ワタシにはもう会ってくれないことでしょうが

[PR]
by tommy_ramen | 2016-11-04 21:26 | リフレ

「やあみんな、変態おじさんだよ。ストッキング履いた足をスリスリするのが大好きさ。脱いでプレゼントしてもいいよって女の子はDMしてね♪」

今でこそハンサムで大人の魅力にあふれる素敵なオジサマとの評判をほしいままにしているトミーさんですが、
こんなことをツイートしている時期がありました。若気の至りというやつですね。先月の話ですが。

そこに届いた一通のDM。

「へんた〜い!!!(嫌いじゃないです)」

これ、素晴らしいと思いませんか?変態であると認識した上で、それを受け入れる姿勢を示してくれている。
しかも、ツイッター見てると、「ムラムラさせるのが得意」とか言ってる。これは会いに行かなければならぬ。

というわけで、向かったは魔都・新宿歌舞伎町。
若い頃、たまに裏ビデオ買いに行ったあたりです。友人と「ベストプレイス」と呼んでいました。

事前のやり取りやツイート内容から、お姉さんタイプを想像していたのですが、実際のめぐちゃんは小柄で
かわいらしい女の子という感じでした。

肝心のサービス内容は、昨日に続いて書きません。これをリフレブログと言うのでしょうかね
ただ、せっかく来てくれたお客さんは絶対に楽しませて帰そうとしていることが伝わってきて、
とても充実した時間を過ごせました。30分で入ったのに、思わず延長してしまったぐらい楽しかったです。

リフレの世界って、天賦の才に恵まれた人がひしめいていますよね。誤解を恐れずに言えば、
めぐちゃんは眩いばかりの美貌や息を飲むほどのスタイルに恵まれているわけではありません。
(ブサイクとデブとか、そういうことではないですよ、もちろん。「天才」たちのひしめくリフレの世界では相対的にという話)
彼女の素晴らしいところは、そこで立ち止まることなく、かといって裏的なサービスに逃げることもなく、
どうしたら自分がお客さんを癒せるか、楽しませることができるかを考えて実行しているところだと思います。
そして、結果として、来た人を充分に癒し、楽しませている。

自分が凡人であることを知った凡人は、もはや凡人ではない
(塩野七生 『サイレント・マイノリティ』より)

これも一つの非凡の形。

<2017年1月追記>
めぐちゃんはその後プリムスを辞めてしまいました。現在は違うお店で名前を変えて働いています。

[PR]
by tommy_ramen | 2016-10-30 12:19 | リフレ

「やあみんな、変態おじさんだよ。好きなものはおっぱいとパンチラさ。若くて可愛い女の子だけ仲良くしてね♪」

「変態おじさんツイートにいいねした女の子は、変態おじさんが会いに行ってもいいということですね?」

今でこそ知的で教養あふれる素敵なオジサマとの評判をほしいままにしているトミーさんですが、
こんなことをツイートしている時期がありました。若気の至りというやつですね。先月の話ですが。

「どんとこい」

冒頭のツイートに対して届いたリプです。

おっぱいとパンツが好きと宣言した気持ちの悪いおじさんに対して、

どんとこい

こんなことを言うのは一体どこの豪傑か。それがバンビーノのれなちゃんでした。

DMで裏オプ交渉してきたアカウントを晒したり、にちゃんねるは良い宣伝材料と言い放ったり、
武闘派な印象が強い彼女。一方、お店のブログでは「看板娘、濃厚接客」と評価されていて、
実際に人気も高い様子。一体どんな子なのか、気になったので会いに行ってきました。

部屋に入ってきたれなちゃんを見て、少し拍子抜けします。
勝手に、大柄できつい顔立ちの女の子を想像していたんですよね。
実際に入ってきたのは、小柄で優しい顔立ちをした可愛い女の子。

ちょこんと座って挨拶をしたあと、いたずらっぽい目になって、一気に距離を詰めてきます。
そして始まる濃厚接客。

そうか、濃厚とはこういうことだったんだ…。

優しく包み込んでくれたかと思うと、急に刺激的になる。
挑発的で挑戦的なくせに甘えるのも上手。
情熱的で官能的で、でも汚れていない。
癒しと興奮。

そうか、濃厚とはこういうことだったんだ…。(二度目)

具体的には書きません。各自で体験してください。
肝心のサービス内容を書かない斬新なリフレブログ

ただ、誤解を招かないように付言しておくと、裏オプするタイプではないと思います。
ワタシは交渉自体しないので知りませんが、そんなことしなくてもお客さんを満足させられるでしょうから。

実は、仕事でうまくいかないことがあって、残業しているのが嫌になったので早めに退社して会いに行ったんですが、
帰り道では、「明日からまた頑張るか」って気持ちになっていました。

たとえ結果として倒れることに変わりはないとしても、逃げるのではなく戦った上で倒れよう。
そんな前向きな気持ちを与えてくれる子だと思います。

「死にたいと死んでもいいは大違いだぞ。最低の男と最高の男の違いだ。」
(浅田次郎 『プリズンホテル 冬』より)

また会いに行こう。最高の男になるために。

<2017年1月追記>
れなちゃんは2016年12月末日をもってリフレを引退してしまいました。
こういう素晴らしい女の子がいたことを残るために、この記事はそのまま残しておきますが、残念ながらもう会えません。

[PR]
by tommy_ramen | 2016-10-29 12:08 | リフレ

秋葉原の街のハズレ、末広町駅から妻恋坂の方に少し歩いたところに、ド派手な看板ぶら下げたリフレ店が存在します。

その名も「非公認洗体アキバセンジャー」。

看板といい名前といい、風俗店にしか見えません。
お店のHPにアクセスすると、最初に18歳以上かどうか選ばされますしね。
期待しちゃうからやめてほしいですよね

看板の写真を撮り忘れたので、かわりにストリートビューをご覧ください。
少し小さいけど、派手な看板がお分かりでしょうか。
店の前にバスが着いて、ちょうど隊員の皆さんが出勤されるところが写っていますね。

オーナーさんが戦隊モノが好きらしく、店内のBGMもずっと戦隊モノがかかっていて、
お店のHPを見ると、女の子たちも◯◯隊員と名付けられています。
ただ、お店のブログ の方を見ると、普通に◯◯ちゃんと書かれていますし、
女の子たちも自分が何かの隊員であるという自覚はないようです。
ワタシが会った子は、「オーナーが好きらしくて。よく分からないですけど」と言っていました。
この温度差。。

ドアを開けて中に入ると、お店の中は普通に綺麗で、戦隊モノを連想させるものは皆無です。
受付が1階で、個室は2階にあるのですが、2階に上がると天井ではオシャレカフェみたいなファンが回っています。
個室も広くて、可愛いぬいぐるみが沢山置いてあって、なんだかメルヘンな雰囲気です。
女の子たちから趣味が理解されず、だんだん変容してしまったのかなって、オーナーが少し気の毒になってきますね。BGMだけしっかり戦隊モノなのが涙を誘う。

洗体、アロマ、添い寝、リフレと全種類のサービスを提供しているようで、セット料金などもあってリーズナブルです。
セットのネーミングセンスには目を瞑ろう。
受付が女の子であることが多いようで、ワタシが行ったときもそうだったんですが、
冷静な表情と声で「センジャーチャージですね」って言われてなんとも言えない気分になります。
かといって、ヒーローが技をかけるみたいに声を張って「センジャーハリケーン!!」とか言われても困るんだけど。
受付の子はリフレや洗体はやらず、メイドカフェとかで働いているそうです。中にはお散歩だけやってる子なんかもいるそう。
リフレやってる子の他店との掛け持ちもOKみたいだし、とても自由な感じですね。

オープン当初は過激なオプションなんかもあったみたいで、個室内のオプション表にはその名残がありますが、
今は基本的にはやっていないそうです。「壇蜜」ってあって笑ってしまった。何かはお店に行ったときに確認してみてください。
人によってはやってくれるかも…?

ド派手で怪しい外観とは裏腹に、中は平和な正統派リフレ店って感じで、そのギャップが非常に面白い。
30分3000円からと価格も安めですし、怪しいと思って敬遠せずに訪ねてみる価値のあるお店だと思います。
入るときちょっと恥ずかしいけどね

[PR]
by tommy_ramen | 2016-10-16 20:20 | リフレ

秘密基地とは、周囲に知られないように建設または設置された拠点のことを指す(Wikipediaより)。

某月某日、人が来ないと始まらないはずのリフレ店で、秘密基地を名乗るおかしなお店を見つけたので行ってみました。

場所は池袋東口です。説明が難しいので、お店のHPを見てください。見ても分かりにくいけど。
やたらとパンチの効いたマンションの一角にあります。スタジオSCの入っているビルを「胡散臭い」と評しましたが、
ここは明確にやばそうです。一部屋に大人数で棲みつくなだの、粗大ゴミを勝手に捨てるなだのといったメッセージが、
日本語と英語と中国語で書かれてエレベータ内にベタベタ貼られています。
もうこの建物から出られないんじゃないかって、初めて行ったときはビクビクしてました。

でも、一方で期待も高まります。こんな怪しいビルにあるお店。きっと楽しいことがあるに違いない。
いたずらに性欲を興奮または刺激せしめ、もって普通人の正常な性的しゅう恥心を害し、善良な性的道義観念に反するなにかが
待っているに違いないのです(意味が分からない人はチャタレー事件ご参照。とみーさんは一応法学部出身なのです)。

お店に入ると、この建物にふさわしいお兄さん(失礼)が出迎えてくれます。
見た目はアレだけど、接客は気さくな感じを出しつつちゃんとしています。
個室は狭いですがちゃんと手入れはされている感じで、許容範囲。建物の外観からしたら綺麗と言って差し支えないかも。
ただし、ベニヤ板で仕切られています。
たぶん中が空洞になっていて、白い粉が隠されているのでしょう

接客は正統派の店舗型リフレ店って感じで、見た目に反して(またまた失礼)怪しいことはしていないと思います。
そもそも部屋が狭くて声が筒抜けなので、変なことはできないでしょう。
女の子たちもそういう感じではなくて、とてもまっとうなリフレ店です。
なにせちゃんとマッサージしてくれますからね。本来驚くことではないのでしょうが
帰りのエレベーターの中では張り紙も優しい気持ちで眺められるぐらい癒され、お店を後にすることができたのでした。

名前といい場所といい、ヤカラが経営してる怪しいお店みたいですが、実際は都会の片隅で不器用に頑張っている
お店って感じで好印象でした。あのマンションに足を踏み入れる勇気が出たら再訪したいと思います。

[PR]
by tommy_ramen | 2016-10-01 12:14 | リフレ

現在はJewelryに名前を変えて営業しています。中身は変わっていない模様。

つい見学店に偏ってしまいますが、リフレ店についても書いていきたいですね。
今日は渋谷のぴゅあぽーとについて。

今年の4月にオープンしたばかりの新しいお店ですね。
ブログ指名ランキングを毎週発表している珍しいお店です。
このランキングをどうやって算出しているのかわかりませんが。
女の子たちのツイッターを見ていると、「出勤数が少ないから今週はランキング駄目かな」みたいな
コメントが散見されるので、単に指名数を積み上げてるだけなのかも。
指名数と指名率を分けて公開しているプラチナバンビーノや、リピート率ランキングを出している
制服オーディションのランキングのほうがワタシは好きですね。

場所は、「ホルイチ」という焼肉屋を検索して食べログの地図を見てください。そのビルの3階です。
ジェリーやキャンレボの系列店らしく、最初の頃はそれらのお店の女の子たちがヘルプで出勤してました。
渋谷の水があったのか、そのままぴゅあぽーとに居ついた子もいるようですね。
秋葉原や池袋だと輝けないタイプが活躍できる場が欲しくてオーナーさんは渋谷に出店したのかな、
なんて勝手に想像しています。結果的に「巨乳の集まり」みたいな評価になりつつあって、
それが狙い通りだったのかどうかは知りませんが。

少し前まで挙動不審な店長で面白かったんですが、いつの間にかシュッとしたイケメンに変わっていました。
前の店長さん好きだったんだけどな。指名したのと違う子を個室に送り込まれても許せるぐらいに。
「申し訳ないがワタシが指名したのはあなたじゃない」って言ったのはバツが悪かったけれど。
その子もそのとき指名した子も店長さんも辞めたみたいだからここに書いちゃいます。
しかし入れ替わりの激しい店だな。。

それにしても、渋谷に出店って勇気のいることだったと思うんですよ。リフレに通うような人や
リフレで働くような女の子が苦手とすることナンバーワンの街でしょう笑(偏見?)
いわゆる渋谷っていうエリアからは外れているとはいえ、思い切ったものだと思います。
渋谷、場所が分かりにくい、3階まで階段、1つ下の階にはオシャレな美容院
ドアを開けようとすると中で女の子たちが騒いでる声が聞こえて気後れする。
お店にたどり着くのにこれだけのハードルを越えないといけないのです。お客さん呼ぶ気あるの?

でも、慣れると楽しくなってきます。いい意味で素人っぽい子が多くて個性豊かで。
ジェリーやキャンレボのような安定感はないけど、何が飛び出すか分からない緊張感があって、
毎回新鮮な気持ちで楽しめます。渋谷にある動物園のようなリフレ店。ワタシは好きですね。

[PR]
by tommy_ramen | 2016-09-22 22:13 | リフレ

どう位置付けたらいいか悩みましたが、一応リフレ店としておきました。
池袋にあるリアルフェイス&リアルラブドールさんです。

どんなお店かは、お店のブログが丁寧に説明してくれいますので、そちらをご覧ください。
アイマスクをして寝ている女の子を相手に楽しいことをするお店です。
場所はキャンレボのお隣さん。最近になって池袋西口から移転してきたのですが、
すごいところを選んだものだと思います。

お店のブログが自ら言っているように、マニア向けの店で、リフレや見学を普通に楽しめる人があえて行く必要はない店です。
実はワタシはこのお店のコンセプトがこれはこれで好きで、二度ほど利用したことあるんです。ちょっと足が遠のいていますが。
このお店のコンセプトで、女の子がキャンレボだったら値段が倍でも毎週通んですけどね笑
まあ、リフレや見学で普通に稼げる子は、あえてこの店で働こうとは、普通思わないでしょうからね。
店のコンセプトに共感して、かつ、「リフレ嬢」「見学嬢」と呼んで差し支えないクオリティの女の子たちを揃えることができたら、
個人的には神店になります。
でも、このお店はそんなところは目指してなくて、お店のコンセプトにはまってくれる人たちを相手に
ニッチな市場で勝負していこうと考えているのかもしれませんね。

池袋の西口から東口に移転したのは賢い選択だったと思いますね。西口にこの店があっても、
「中途半端な風俗店」でしかなかったと思うんです。それが、東口、しかもキャンレボの横に移転したことで、
「個性的なリフレ店」という扱いになった。キャンレボに通う間に興味を持って、一回行ってみるかって思う
客もいるかもしれない。ターゲットが異なるからキャンレボが潰しに来ることもない。
今の場所への移転はとても賢い選択だったと思います。

歌舞伎町でも秋葉原でも道玄坂でもない、池袋という懐の深い街の彩りを豊かにする存在の一つとして、
これからも頑張ってほしいお店だと思っています。

<2017年1月追記>
この記事を書いたあと、リアルフェイスは閉店してしまいました。
現在は池袋西口に移転し、店長さんも変わったものの同名で営業しているようですが、詳細は不明です。


[PR]
by tommy_ramen | 2016-09-19 21:14 | リフレ

三連休でヒマなので立て続けに第二弾。今度は体験談で。

池袋の巨人こと(言ってるのワタシだけですが)キャンレボから、さゆちゃんの登場。
リンクを貼ったお店の紹介文を見てください。
「激アツスレンダー小顔美少女のさゆちゃんです!清楚な雰囲気で無邪気な良い子。
かなり自信あります!篠崎愛に似てます。」

一度接客してもらったワタシの感想もまったく一緒!
あのイケメン店長、なんて的確に女の子を表現するんだ。
やっぱりできる男なんだ。せめて足が臭いといいのに。

本当に顔が小さくてスレンダーでスタイル抜群。
篠崎愛は少し違うような気もするけど(やっぱり大したことねーな、あのイケメン)
可愛くて無邪気で、楽しい30分でした。

予約せずにキャンレボに行った七月のある日、マジックミラーを覗くと、
そこには無表情でスマホをいじる美少女の集団が。
話逸れるけど、キャンレボの待機所って、狭くて女の子達が基本的に無言で、ちょっと怖くないですか?
待機している人数も他の店より多いから、タコ部屋感がすごくてちょっと引きますよね。
誰かしらパンチラしてるから、あれはあれでいいという意見もありますが。

話を元に戻すと、ミラーの向こうにスレンダーな美少女を発見して、指名したらさゆちゃんだったんです。
下向いてスマホいじってたから完全に顔が見えていたわけではなかったので、
部屋に入ってきたときにあまりに綺麗でビックリしました。体細くて足が綺麗で、これぞ美少女って感じでしたね。

オススメを聞いたところ、30分5000円のし放題を頼むお客さんが多いということだったので、それで。
お金を渡すと、すっと距離を詰めてきてくれました。お金もらった以上、それに見合うサービスはしようって感じでしょうか。
そう書くとプロっぽくていやらしく見えますが、距離の詰め方がさりげなくて、そのあとの会話や行動も自然体なので、
露骨な「接客されてる感」はありません。旅行に行った時の写メを見せたら顔をピタってくっつけてスマホの画面覗き込んでくれたり、
綺麗な足だね、なんて下心見え見えのベタな台詞言いながら太もも撫でたら、くすぐったがって腕をペチペチしてくれたり、
部屋で彼女とデートしてるみたいで、正直、興奮抑えるのに必死でした。
若い頃、彼女が部屋に来たときの甘酸っぱい感じを思い出させてくれます。これぞリフレの醍醐味って感じ。
また会いに行きたいですね。

キャンレボの紹介記事はこちら

[PR]
by tommy_ramen | 2016-09-17 21:57 | リフレ