(11)【リフレ店紹介】とあるリフレの秘密基地(池袋)

秘密基地とは、周囲に知られないように建設または設置された拠点のことを指す(Wikipediaより)。

某月某日、人が来ないと始まらないはずのリフレ店で、秘密基地を名乗るおかしなお店を見つけたので行ってみました。

場所は池袋東口です。説明が難しいので、お店のHPを見てください。見ても分かりにくいけど。
やたらとパンチの効いたマンションの一角にあります。スタジオSCの入っているビルを「胡散臭い」と評しましたが、
ここは明確にやばそうです。一部屋に大人数で棲みつくなだの、粗大ゴミを勝手に捨てるなだのといったメッセージが、
日本語と英語と中国語で書かれてエレベータ内にベタベタ貼られています。
もうこの建物から出られないんじゃないかって、初めて行ったときはビクビクしてました。

でも、一方で期待も高まります。こんな怪しいビルにあるお店。きっと楽しいことがあるに違いない。
いたずらに性欲を興奮または刺激せしめ、もって普通人の正常な性的しゅう恥心を害し、善良な性的道義観念に反するなにかが
待っているに違いないのです(意味が分からない人はチャタレー事件ご参照。とみーさんは一応法学部出身なのです)。

お店に入ると、この建物にふさわしいお兄さん(失礼)が出迎えてくれます。
見た目はアレだけど、接客は気さくな感じを出しつつちゃんとしています。
個室は狭いですがちゃんと手入れはされている感じで、許容範囲。建物の外観からしたら綺麗と言って差し支えないかも。
ただし、ベニヤ板で仕切られています。
たぶん中が空洞になっていて、白い粉が隠されているのでしょう

接客は正統派の店舗型リフレ店って感じで、見た目に反して(またまた失礼)怪しいことはしていないと思います。
そもそも部屋が狭くて声が筒抜けなので、変なことはできないでしょう。
女の子たちもそういう感じではなくて、とてもまっとうなリフレ店です。
なにせちゃんとマッサージしてくれますからね。本来驚くことではないのでしょうが
帰りのエレベーターの中では張り紙も優しい気持ちで眺められるぐらい癒され、お店を後にすることができたのでした。

名前といい場所といい、ヤカラが経営してる怪しいお店みたいですが、実際は都会の片隅で不器用に頑張っている
お店って感じで好印象でした。あのマンションに足を踏み入れる勇気が出たら再訪したいと思います。

[PR]
by tommy_ramen | 2016-10-01 12:14 | リフレ