(12)【ラーメン屋紹介】香月(六本木、池尻大橋)

「ときどきラーメン」と謳っておきながら、ラーメンについて一切書いていませんでした。

というわけで、たまにはラーメンの話も。
正統派ラーメンブログへの道がここから始まるとは、このとき誰も気づいていなかったのだった…

さて、ラーメン第一弾は、六本木と池尻大橋にある、『らーめん香月』。

もともと並木橋にあって、その後恵比寿駅の近くに移転、さらに中目黒と三軒茶屋に2号店、3号店を出すも、
2012年に閉店してしまいました。
それが今年になって創業者監修のもと、六本木にて復活の狼煙を上げ、さらに池尻大橋に2号店を出店しました。
2号店出すの早くないですかね。昔の二の舞にならないといいけど。

いわゆる「背脂チャッチャ系」で一世を風靡したお店です。
背脂チャッチャと言われて想像がつかない方は、食べログに写真が沢山アップされていますので、
そちらをご覧ください。場所もそのまま食べログで調べるといいんじゃないかな。
人の褌で相撲を取る「正統派ラーメンブログ」。夜景が売りのレストランと一緒ですね

写真を見ると分かりますが(自分でアップもしてないくせに偉そうに)、見た目は大変ジャンキーです。
このスープ飲み干したらそのまま脳の血管切れて死ぬんじゃないかって心配になります。
ところが、食べてみると意外にスッキリしてる。醤油味のスッキリしたスープの味わいがまず感じられて、
そのあとで脂のまろやかな甘みが口の中に広がって、でもしつこく残らずスルリと喉に流れていく。
正直、いくらでも食べられてしまいます。飲んだあとの締めにも最高。
家の近くになくて、ある意味本当に良かった。

正直、最近の洗練されたラーメンに比べたら、見た目も味も野暮ったいかもしれません。
そのくせ妙にオシャレな街にばかり出店していて、そういうのは阿夫利にでも任せておけよって思います。
チープでギラギラした看板まで復活させることなかったんじゃないかとも。

でも、昔から知っている者としては、それらがすべて愛おしい。
東京育ちのワタシにとって、帰るべきラーメン店があるとしたら、それが香月だと思うんです。
復活してくれてありがとう。もういなくならないでね。

[PR]
by tommy_ramen | 2016-10-09 13:24 | ラーメン